沿革
1975(昭和50)年 4月  関西交通機械株式会社(現株式会社ジェイアール西日本テクノス)より各種役務業務を分離し、関西工機整備株式会社を設立。
本社は大阪市此花区西九条に置き、旧国鉄工場構内に吹田、鷹取、高砂、多度津の各出張所を設け発足。
1986(昭和61)年 8月 高砂出張所を廃止。
1988(昭和63)年 4月 多度津営業所を廃止、株式会社四国鉄機(現四国鉄道機械株式会社)へ委譲。
1990(平成 2)年10月 JR西日本松任工場内の役務業務等を受注、松任営業所として営業を開始。
1993(平成 5)年 8月 本社を大阪市淀川区西中島7丁目に移転。
1995(平成 7)年 7月 鷹取営業所内でシルクスクリーン印刷業務を開始。
1997(平成 9)年 7月 鷹取営業所から印刷業務を分離し、印刷センター(グラフィックサインセンター)を設置。
1998(平成10)年 4月  本社を大阪市淀川区西中島5丁目に移転。
1999(平成11)年 6月  現業機関の名称を営業所から支店に変更。京都支店、神戸支店、金沢支店とする。
神戸支店内には車両センターと印刷センター(グラフィックサインセンター)を設置。
2000(平成12)年 1月 JR西日本鷹取工場の網干総合車両所への移転に伴い、神戸支店の印刷センターを、JR西日本神戸支社庁舎内に移設。
2000(平成12)年 4月  神戸支店車両センターをJR西日本鷹取工場から網干総合車両所構内へ移転。
2002(平成14)年 5月  一般労働者派遣事業許可を取得、人材派遣事業を開始。
2002(平成14)年 6月  人材派遣事業は、現業機関として派遣事業部を新設。神戸支店の印刷センターは支店から分離し、印刷事業部と改称。
2002(平成14)年 9月  印刷事業部内をシルクスクリーン印刷とグラフィック印刷の2部門体制に整備。
2004(平成16)年 7月  本社を兵庫県尼崎市潮江(JR尼崎駅西NKビル6F)に移転。
2005(平成17)年 3月  職業紹介事業許可を取得、有料職業紹介事業の営業を開始。
2006(平成18)年 5月 印刷事業部がISO9001認証取得。
2009(平成21)年 8月 本社を兵庫県尼崎市潮江(JR尼崎駅北NKビル6F)に移転。
2011(平成23)年12月  印刷事業部を兵庫県神戸市須磨区へ移転。
2012(平成24)年 4月  派遣事業部を京都支店に集約し、テクノサポートセンターとして存続。
2017(平成29)年 6月 資本金を5000万円とする。
2019(平成31)年 3月 金沢支店の構内入換業務をJR西日本に返還。 
2020(令和 2)年 4月 京都支店及び神戸支店の守衛業務を受注廃止 
2020(令和 2)年 5月 印刷事業部グラフィックサインセンターを神戸市ポートアイランドに自社施設として新設移転。

トップページ > 沿革